*  慶應義塾経済学会

講演会・報告会 



2019年度記録  

 (敬称略、経歴・肩書きは開催時)

 講演会(経済学部共催)
4月23日
Stephen Cecchetti (ブランダイス大学国際ビジネス・スクール)
「金融規制改革:スコアカード」(同時通訳付)
司会: 大垣 昌夫

 報告会

  1. 4月10日 “Beyond Nudges: Becoming a Better Choice Architect”  
    Eric J. Johnson (Columbia University)  
    司会: 大垣 昌夫

  2. 4月10日 “Giving the Future A Chance”
    Elke U. Weber (Princeton University)  
    司会: 大垣 昌夫

  3. 4月11日 「マルクス主義の常識を問い直す」  
    松井 暁  (専修大学経済学部)  
    司会: 大西  広

  4. 6月12日 “Chinese-Indonesian Economic Activities: A Bibliographic Survey of the Recent Publications”  
    Didi  Kwartanada (ナビル財団)  
    司会: 太田 淳

  5. 6月27日 “Are We Happy? Methodology of Happiness Indices”  
    (我々は幸せなのか?幸福指標の方法論) 
    李 來 贊 (Hansung University、経済学部訪問教授)  
    司会: 白井 義昌

  6. 7月26日 “The Perverse Costly Signaling Effect on Cooperation under the Shadow of the Futures”  
    亀井 憲樹 (Durham University)  
    司会: 栗野 盛光

  7. 8月1日 “Identification at the Zero Lower Bound”  
    Sophocles  Mavroeidis(University of Oxford)  
    司会: 大垣 昌夫

  8. 9月11日 “Secondary Employment, Inflation, and Aggregate Demand in an Agent-Based Model of the Japanese Macroeconomy”  
    Corrado  Di  Guilmi (University of Technology Sydney )  
    司会: 大垣 昌夫

  9. 9月16日 “Rethinking Mill’s Stationary State” 
    Gregory  Claeys (ロンドン大学 (ロイヤル・ホロウェイ) )  
    司会: 壽里 竜

  10. 10月3日 “Bechdel at the Box Office: Gender Inequality and Cinema Success in 58 Countries” 
    Andrew  Clark(Paris School of Economics)  
    司会: 大垣 昌夫

  11. 10月17日「医療現場・医療政策にみる神経経済学の可能性」 
    若泉 謙太(ノースウェスタン大学)  
    司会: 大垣 昌夫

  12. 10月18日「マルクス派最適成長論の展開と応用」 
    喬 暁 楠 (南開大学経済学院)  
    司会: 大西  広

  13. 10月21日 "Behavioral Heterogeneity: Pareto Distributions of Preference or Risk Perception Scales and Aggregate Financial Choices"
    Jean-Michel Grandmont (エコール・ポリテクニーク)  
    司会: 藤原グレーヴァ香子







      Copyright © 2000-, 慶應義塾経済学会 All rights reserved.